りそな銀行カードローンの借り方はATM・自動融資の2種類|借り方に関する注意点も解説

りそな銀行カードローンはATMよりキャッシュカードで借りるタイプの商品です。

その他、口座の残高不足分を借りられる自動融資機能も利用できます。

銀行カードローンの利用が初めての方だと、キャッシュカードでどうやって借りるのか、自動融資はどのような機能なのか分かりにくいでしょう。

そこで今回は、りそな銀行カードローンの借り方について詳しく解説します。

借り方に関する注意点もあわせて解説するため、気になる方はご参考ください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、ウルトラペイ後払いの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

りそな銀行カードローンの借り方|ATM・自動融資

りそな銀行カードローンの借り方は下記の2種類です。

【2種類の借り方】

ATMキャッシュカードで借りる
自動融資普通預金口座の残高不足分を借りる

それぞれの借り方について詳しく解説していきましょう。

【基本的な借りる方法】ATMからキャッシュカードで出金

りそな銀行カードローンでの基本的な借り方となるのがATMです。

カードローンへの申し込みにより、りそなキャッシュカードに借入機能が付加されます。

ATMから借入機能付きのキャッシュカードで出金する仕組みです。

キャッシュカードで借りられるATMは下記をご覧ください。

【ATM一覧】

りそなグループATM・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・関西みらい銀行
・みなと銀行
コンビニ提携ATM・セブン銀行(セブンイレブン・イトーヨーカドーなど)
・ローソン銀行(ローソン・ナチュラルローソンなど)
・イーネット(ファミリーマート・ポプラ・デイリーヤマザキなど)

ATMでは下記の手順で出金できます。

【ATMでの出金手順】

  1. ATM画面で「カードローン」を選択
  2. 「ローン借入」を選択
  3. 利用金額を入力

ATMは普通預金の残高はそのまま残し、現金で借りたいときに便利な方法です。

【普通預金口座の残高不足分を借りる方法】自動融資

りそな銀行カードローンの自動融資は、普通預金口座の残高が不足しているときに利用できる機能です。

【自動融資を利用できるタイミング】

  • 残高不足でATMから引き出せる現金が足りない場合
  • 残高不足で公共料金やクレジットカードなどの引き落としができない場合

ATMで自動融資を利用するときの手順は下記のとおりです。

【ATMでの手順】

  1. ATM画面で「お引出し」を選択
  2. 利用金額を入力

たとえば普通預金口座の残高が5万円のときにATMから8万円引き出そうとした場合、不足分の3万円を借りられます。

自動融資は普通預金口座の残高超を引き出したいとき、公共料金やクレジットカードなどの遅延を防止したいときに便利です。

りそな銀行カードローンの借り方に関する5つの注意点

りそな銀行カードローンの借り方には下記の注意点があります。

【5つの注意点】

  • りそな銀行の口座が必須
  • ATM利用手数料が発生する場合あり
  • 毎月の返済に遅れていると新たな出金ができない
  • インターネットバンキング「マイゲート」では借りられない
  • 自動融資の機能は停止できない

事前に注意点を知ってから借りるとよいでしょう。

りそな銀行の口座が必須

りそな銀行の口座なしでもりそな銀行カードローンへ申し込めます。

しかし、りそな銀行の口座がない方は、カードローン契約時までに新規開設が必須です。

他行口座でも利用できる銀行カードローンと比べると、契約時までの手間がかかります。

りそな銀行では口座開設アプリ、または店頭で口座開設が可能です。

アプリなら来店不要で、口座開設とカードローンを同時に申し込めます。

口座開設とカードローンを別々に申し込む手間がかかりません。

ただし、キャッシュカードが届くまで2週間ほどかかります。

店頭での口座開設では最短30分ほどでのキャッシュカード発行です。

混雑状況によってはキャッシュカード発行まで30分以上かかる場合があるため、早めの時間に来店するとよいでしょう。

ATM利用手数料が発生する場合あり

りそな銀行カードローンでは下記のATM利用手数料が発生します。

【税込のATM利用手数料】

ATM平日8:45~18:00平日時間外土日祝
【りそなグループ】
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・関西みらい銀行
・みなと銀行
無料110円110円
【コンビニ】
・セブン銀行
・ローソン銀行
・イーネット
110円220円220円

キャッシュカードでの出金1回につき110円だったとしても、10回出金すれば合計1,100円のATM利用手数料です。

ATM利用手数料を節約したいときは、りそなグループATMより平日8:45~18:00の時間帯に出金するとよいでしょう。

毎月の返済に遅れていると新たな出金ができない

りそな銀行カードローンはATM、自動融資ともに限度額の範囲で借りられる商品です。

しかし、毎月の返済に遅れている場合、新たな出金ができません。

りそな銀行カードローンから借りた後は、毎月5日(休業日のときは翌営業日)に普通預金口座より自動引き落としで返済していきます。

毎月5日の前日までには返済に必要な金額を入金しておきましょう。

インターネットバンキング「マイゲート」では借りられない

りそな銀行ではインターネットバンキング「マイゲート」を利用できます。

しかし、りそな銀行カードローンでの基本的な借り方はATMのみ、マイゲートでは借りられません。

普通預金口座の残高を残したまま借りたい場合、りそなグループATM・コンビニ提携ATMへの来店が必要です。

追加返済の手続き、カードローン利用残高の確認であればマイゲートでも行えます。

自動融資の機能は停止できない

りそな銀行カードローンの自動融資機能は不要と思っても停止ができません。

自動融資を受けると所定の利息が発生します。

りそなグループアプリでは残高アラート機能を利用可能です。

自動融資を回避したいときは、事前に設定した預金残高を下回ってアラートが届いたタイミングで、すぐに口座へ入金するとよいでしょう。

りそな銀行カードローンの借り方に関するよくある質問

いくらまで借りられますか?

りそな銀行公式サイトのカードローン借入診断では年齢・年収・希望金額・他社借入金額の入力だけで限度額コースの目安が表示されます。

どのくらいの限度額コースが設定されるのか、審査を受ける前に知りたいときに便利なWebサービスです。

ただし、診断結果と実際に設定される限度額は異なる場合があるため、参考程度に留めましょう。

即日融資は受けられますか?

りそな銀行カードローンでは即日融資が受けられません。

審査回答は1週間以内、申し込み内容によっては審査回答まで2週間以上かかる場合があるからです。

りそなキャッシュカードとスマートフォンを持っている方は、アプリでカードローンへ申し込むと仮審査なし、本審査のみで済ませられます。

仮審査と本審査が必要なWebで申し込むより利用開始までがスムーズです。

他社からの借り換えにも利用できますか?

りそな銀行カードローンは他社からの借り換えにも利用可能です。

りそな銀行カードローンでは金利年1.99%〜13.5%を設定しており、他社で年18.0%の金利で借りている方は、借り換えにより4%以上の利息節約が期待できます。

自動融資はカードローンの返済に利用できますか?

りそな銀行カードローンの自動融資は、カードローンの返済には利用できません。

それはカードローンの返済資金をカードローンで借りる形になるからです。

後で返済に困らないように、事前に無理のない計画を立ててから借入しましょう。

りそな銀行カードローンの借り方まとめ

りそな銀行カードローンの借り方について下記のポイントを中心に解説してきました。

【解説ポイント】

  • 借り方はATM・自動融資の2種類
  • ATMではりそなキャッシュカードで出金
  • 自動融資では普通預金口座の残高不足分を借りられる

普通預金の残高はそのまま残し、現金で借りたいときはATMが便利です。

残高不足で必要な現金を引き出せないとき、公共料金やクレジットカードなどで遅延を防止したいときは自動融資を利用するとよいでしょう。

おすすめの記事